PERの低い株が狙い目?

PERの低い株は投資対象として適している場合が多いです。ですから狙い目と言えば狙い目です。しかし、条件はいくつかあります。ただ単位PERが低ければ良いというわけではありません。そもそもPERとは、一株利益に対する株価の比率を指します。ですから、PERが低いと言うことは、利益に対して相対的に株価が安いことを意味します。なぜ安いのかを分析することが最も大事でしょう。たとえば、現在のところは業績が良くても、将来的に業績が悪化するという件によって売られている可能性はあります。この場合、現時点でPERが低くても、いずれ一株利益が小さくなってPERが大きくなる可能性があります。一株利益が変わらなければ割安銘柄だと考えられますが、一株利益も変わると言うことは知っておかなければならないでしょう。安い理由が、業績によるものではない場合には狙い目です。たとえば、インデックスが下げていることによって安くなり、それによってPERが低くなっているのであれば、これは一時的な要因ですから狙い目だと言えるでしょう。個別銘柄が、個別以外の要因で下げることはよくあることです。業績が悪くなるわけでもないのに安くなっているのなら、それは一時的な下落であることが多く、そのために時間が経てば元に戻る可能性が高いのです。ですから、PERの低いものを狙って利益を得るためには、まずPERが低くなっている要因を分析できることが条件となりますし、また、短期的に利益を求めるのではなくて、長期的に利益を求めることが必要な条件となります。これらの条件を満たした上で、PERの低い銘柄を狙うのは良い方法ですが、ただ単にPERが低いからと言って買うのは危険です。