レーディングのイメージ

日本株に投資をする上で、レーティングは参考になる情報の一つです。
レーティングとは、運用会社や投資顧問会社などが公表している情報で、その銘柄を買うべきか売るべきかをわかりやすく表示したものを指します。
この時には目標株価も同時に表示されることが多いです。
その表示の仕方はまちまちで、例えば、Overweight、Underweight、Holdなどで表示することがあります。
Overweightとは、現在の資産配分よりも配分比率を上げることを意味し、Underweightはその逆、Holdはそのどちらでもない状態を指します。
他にも、買い推奨を表すBuy、売り推奨を表すSell、そのどちらでもないHoldなどで表すこともありますし、1から5の5段階の数字で表すこともあります。 日本株に対しては日本の金融関連企業がレーティングを表示していることが多いですが、有名企業であれば海外の金融関連企業が表示していることもあります。
データを分析しているイメージこれらの情報は、もともとは自社の顧客のために公表されていたものだといえるでしょう。
ですから、証券会社に口座を開設すれば、その情報を見られることが多いです。
また、それらの情報をまとめて公開しているポータルサイトなどもあります。
投資顧問のランキングサイトを使い、投資顧問会社として役立つサイトを見つけることも必要でしょう。
レーティングを参考にするべきなのかどうかというのは判断が難しく、例えばある証券会社が何か意図を持って発表している可能性もあることを考えれば、そのまま信じるべきではないでしょう。
ただ、初心者にとっては参考にするためのものとしてはある程度の使いみちはあります。
そのまま信じるべきではありませんが、どの時期にどのような株が買い推奨になっているのかを見るだけでも参考になるでしょう。